カイコウラリサーチ

カイコウラ2日目。カイコウラのリサーチを行った。〈そらあみ〉を実施するためには、まずは土地のロケハンをしながら自然環境や歴史や文化を学びつつ、作品設置場所やワークショップの開催場所を選定。そして自分を知ってもらい、共に編む仲間を探して、地域コミュニティとつながる扉をたたきに人に会いにいく。プロジェクトはそこからはじまる。今日は、言うなれば「土地へのあいさつ」をした日となった。

 

Shared Lines: Kaikōura Arts Festivalのディレクターで全体をオーガナイズしているリンダと、これから数日は行動を共にする。事前に何度もここに足を運んでいる彼女が場所や人と自分を最初につないでくれる。

 

1日の前半は町歩き。日本で言う公民館のような場所にあたるコミュニティスペース、文房具屋やチーズ屋やカフェやバーといったメインストリートの店舗、観光案内所や博物館、地元の高校、マオリの伝統模様を入れる刺青屋や額縁屋などをまわり、リンダはそれぞれにアートフェスティバルのプラン紹介や協力依頼をしつつ、〈そらあみ〉と五十嵐の紹介をしてくれた。その後ホームセンターで必要資材の確認をし、気がつけば16時。

 

16時だが、まだ全然明るい。日本の昼過ぎといった感じだろうか。そして日差しがとても強い。湿度は高くないのでベタベタすることはないが、刺すような陽射しを避けるのに自然と日陰を求め、時折吹き抜ける海風が心地よく感じる。さてここからが1日の後半戦。

 

地元でサポートしてくれるカイコウラ在住のエイドリアンと博物館前で合流。彼の車で町中以外のカイコウラ全体のロケーションを案内してもらった。最初は丘に上がって町を含めた全体像を見せてくれた。カイコウラは山を背にし、海に突き出た半島で、半島の付け根の海辺の平坦な土地を中心に町が形成され、半島の先に向けて丘になっている。その丘はトレッキングコースになっており、丘の上から海や海岸線の雄大な風景を望むことができる。オットセイのコロニーもこの海岸にある。

 

その後、漁師さんたちが多く住んでいる地域に連れていってくれ、彼の知り合いの漁師さんと挨拶。そのまま別れ、半島を対岸まで1人で1時間ほどトレッキングし対岸でピックアップしてもらった。エイドリアンは海側から半島を空撮した写真を指差して「ここの一番高い丘が125,000年前、その次の丘が40,000年前、そしてこの海岸線が1,000年前に地殻変動によって押し上げられて作られた」と話してくれた。そして、次に海を指差して「2年前にできたのがあの辺りだよ」と海に浮かぶ小さな岩礁を指差して笑った。2016年にマグニチュード7.8の大きな地震があったのだ。最後のはエイドリアンのジョークかもしれないが、こうして、永い永い時間をかけて地殻変動で海側から押し上げられて、この地は出来上がってきた。そして今も動いている。

 

かつてはマオリの部族間でこの地をめぐって戦いがあったそうだ。海産物を含め食べ物がたくさんとれたからだ、今は観光地としてではあるが、自然豊かなこの地に永く人類が引き寄せられ続けてきたのがよくわかった。自然災害と豊かな恩恵は表裏一体。地殻変動に地震に火山、そして海に囲まれた島国、やはり日本と自然環境としての共通点が多い。それでもマオリをはじめこんなに違う形で文化が育っている。自然との向き合い方、その眼差しの違いなのだ。〈そらあみ〉を通じて、その眼差しを重ねてみたい。

 

その後、〈そらあみ〉の設置候補地を確認した時点でもう夜の8時。やっと日が暮れてきた。そのまま夕食を一緒に食べて帰宅。かなり長い1日だった。

 

出会った人々は基本的にみんな穏やかで明るく親切な印象だった。植民地として入ってきたイギリス系白人の人と原住民であるマオリの人も血が混じっているので、白人っぽい外見のマオリもいるし、いわゆる褐色の我々がイメージするマオリの人もいる。見た目では判断できない。それもあってか、人種や見た目での偏見は今のところ感じられない。車も右ハンドルで左車線なので日本人としては違和感なく、町には緑も多いし公衆トイレも清潔だし、ニュージーランド自体が暮らしやすい印象。特にここカイコウラはそれらに加え海が美しいので、海が好きな自分としては、すでにとても気に入っている。

 

一日中動き回って体も頭もクタクタ。追い打ちをかけるように、顔と首の後ろと両腕がヒリヒリと火照って痛い。明日は絶対に日焼け止めを塗ると誓う。

 

IMG_6010_s

〈そらあみ〉設置候補地。

 

IMG_6011_s

Shared Lines: Kaikōura Arts Festivalの紹介記事が地元の新聞に掲載されていました。

 

IMG_6013_s

チーズ屋で挨拶しつつプロジェクトの話をするリンダ。

 

IMG_6018_s

カイコウラ博物館。上の階は図書館や地区のカウンシルがあったり、いわゆる文化複合施設。

 

IMG_6028_s

博物館内に展示してあった写真。捕鯨拠点としての歴史もある。

 

IMG_6031_s

ありました!網針!この形は世界中同じ。縄文時代にはもうデザインが完成していたらしい。素材は国ごとに違く地元によく生えている木を使う。これまで〈そらあみ〉を行ったことのある国だと、日本は竹や樫(かし)の木が多く、ブラジルは木の名前まではわからなかったが白い木で、ここニュージーランドはManuka Woodを使っている。あの人気ハチミツのマヌカハニーの木。

 

IMG_6055_s

額装屋さんが考えた、地震シェイク。なかなかブラックだけどポジティブな発想してます。笑

 

IMG_6056_s

額装屋さんと展示パネルについての打ち合わせ中。

 

IMG_6074_s

エイドリアンに連れていってもらった町を見渡せる丘。

 

IMG_6085_s

名物の伊勢エビ漁の船。でかい!

 

IMG_6088_s

たまたま港にガソリンを入れに来ていた、エイドリアンの知り合いの漁師さんと話をしています。

 

IMG_6090_s

半島の入口にて、MAUI(マウイ)というマオリの神様に遭遇。ニュージーランドの南島を釣り上げたという伝説がある。

 

IMG_6091_s

MAUIの釣り針の素材は、自分の母親のアゴの骨を使っているという昔から伝わる伝説を聞いた。

 

IMG_6107_s

半島の先を1人トレッキング。とんでもない風景に目の縮尺がおかしくなる。

 

IMG_6113_s

1人歩く。草原と道と空。体が茶色で頭が黄色い小さな鳥がチョンチョンと跳ねながら、ずっと道案内してくれた。

 

IMG_6118_s

草原と牧場と海と山と空。

 

IMG_6124_s

草原と海と空。あまり経験のない風景。

 

IMG_6127_s

半島の先に広がっていた世界。

 

IMG_6138_s

エイドリアンは海側から半島を空撮した写真を指差して「ここの一番高い丘が125,000年前、その次の丘が40,000年前、そしてこの海岸線が1,000年前に地殻変動によって押し上げられて作られた」と話してくれた。そして、次に海を指差して「2年前にできたのがあの辺りだよ」と海に浮かぶ小さな岩礁を指差して笑った。

 

IMG_6147_s

海岸まで降りて少し歩くとオットセイのコロニーがある。日光浴しながら気持ち良さそうに寝ていた。

 

IMG_6152_s

巨大な貝の化石。こんなのもゴロゴロある。

 

IMG_6159_s

夕方18時半。漁師たちがクレイフィッシュ(伊勢エビ)漁にやって来ました。オットセイとの距離が近すぎる。親から子へ漁を教えている姿もあった。

 

IMG_6175_s

〈そらあみ〉設置候補地。でもここは普段から漁師の船の水揚げ場なので交渉が難航しそう。

 

IMG_6189_s

これでまだ20時半。ほんと1日が長い。


カイコウラ入り

今日は移動日。午前中にShared Lines: Kaikōura Arts Festivalのディレクターで全体をオーガナイズしているリンダと打合せをし、午後に一緒にクライストチャーチの北東に位置するアートフェスティバル開催地のカイコウラへと約3時間かけてバスで移動。道中は緑豊かな丘に草を食む羊といったニュージーランドに期待する風景が広がる。徐々に標高が上がり、谷底を流れる川の雄大な風景に見とれ、山を越えると突然海が現れた。すると、まもなくカイコウラに到着した。

 

カイコウラは年間通してクジラやイルカ、オットセイなど多様な海洋生物を観察することができる、世界的に見ても貴重な場所。ホエールウォッチングをはじめとするネイチャーアクティビティが盛んで、多くの旅行者が訪れる。

 

なぜカイコウラが海洋生物に恵まれているかというと、沖合で暖流と寒流がぶつかり合うため、プランクトンが発生し、それらを餌とする魚が集まり、さらに魚を食べる大型生物や鳥類が集まってくるという仕組み。さらにカイコウラは大陸棚の端が近接している世界でも希な場所で、海底が急激に1000mもの深さまで落ち込んでいることも、豊かな生物相を形成する理由となっている。

 

そんな大陸棚の影響もあって2016年にマグニチュード7.8の地震があり、クライストチャーチとつながる国道が一時的に閉鎖されていた時期があった。移動の道中、復旧作業中の箇所もあった。クライストチャーチもそうだったが、日本に比べ復旧のスピードはゆっくりとしている。

 

また、この町の名前「カイコウラ」はマオリ語の「カイ(食べる、食物)」と「コウラ(クレイフィッシュCrayfishi、伊勢エビの仲間)」の組み合わせからできている。もちろん名物はクレイフィッシュをはじめとするシーフード。

 

到着してすぐに数日分の朝食の食材をスーパーマーケットで買出しし、最初の4日間だけ宿泊させてもらうリンダの友人の家に荷物を置いてから、町のメインストリートを歩いて夕食をとって帰った。小さな町なのでメインストリートをぐるっと歩いても10分くらいしかかからない。

 

南半球のニュージーランドは、今が夏。日没も遅く、夜の9時くらいまで明るいため、1日が長く感じる。

 

IMG_5967_s

クライストチャーチからカイコウラへ向かうバスの車窓から

 

IMG_5973_s

到着したらすぐに4日分の朝食など食べ物をスーパーマーケットで買い出し。

 

IMG_5975_s

お世話になる家の犬。名前はタイヌイ。

 

IMG_5976_s

今日から4泊させてもらう家。ニュージーランドの一般的な家なのだそうだ。

 

IMG_5978_s

メインストリートに架かる列車の鉄橋。地震で崩れなかったのもありカイコウラのランドマークでもある。

 

IMG_5979_s

メインストリートから徒歩1分で海。

 

IMG_5981_s

しばし、眺める。

 

IMG_5987_s

メインストリート。人より海鳥が多い?笑

 

IMG_5988_s

少し離れたところから見た鉄橋。

 

IMG_5993_s

〈そらあみ〉ワークショップ会場候補地。


Shared Lines: Kaikōura Arts Festival

「Shared Lines: Kaikōura Arts Festival」に参加するため、ニュージーランドのクライストチャーチに来ている。Shared Linesの概要は以下の通り。

 

『2011年、ニュージーランド・クライストチャーチと宮城県は自然災害により大きな被害に遭いました。その背景や経験を共有するアーティストたちは、両国が属す環太平洋火山帯と街中に残る断層跡の風景から名付けられた協働企画「Shared Lines(共有する断層)」を始動。「私たちが生み出すべきものは何か」と、連動する環境が継続的に刺激し合い、震災から8年たった今も私たちの意識をつないでいます。

同時代に同様の震災体験をした両市のアーティストらの表現を共有し発信することで、震災で失われた被災地の表現の場や文化活動をアートコミュニティーに再構築します。また、両市のアーティストが、自らの芸術環境のため、海外ネットワークを強化し、持続可能な芸術文化交流を築き上げていくことを目的としています。』

 

これまでクライストチャーチ、仙台、ウェリントンで開催されており、今回はニュージーランドのカイコウラが舞台となる。会期は2019年2月16日〜23日。この一週間に国際的アーティスト・イン・レジデンス、ワークショップ、参加型劇場、展示会、アーティストトーク、シンポジウム、ストリートフェスティバルなど様々なプログラムが用意されている。

 

今回は〈そらあみ〉を展開してほしいとオファーをいただいた。きっかけは2011年の東日本大震災後に東北で展開した〈そらあみ〉にある。岩手県釜石市の仮設住宅では、津波で流された漁網糸を使って編み各地からバラバラで入居した仮設住宅に新たな人のつながりを促した。宮城県塩釜市を中心に松島市や多賀城市と共に囲む松島湾では、3年かけて各市で展開し、震災後に地域の人たちが重要性を再確認した湾のつながりをテーマに、行政区を超えた地域の魅力と人の出会いを編み広げていった。

 

そらあみとは、参加者と共に漁網を編み、空に掲げることで、人と人、海や島の記憶をつなぎ、網の目を通じて土地の風景をとらえ直すアートプロジェクト。空に立ち上げた〈そらあみ〉は、見慣れた風景の中に潜む記憶を浮き上がらせ、その土地に息づく見えない姿を気づかせてくれる。また、漁網の編み方は世界共通のため国内外各地に展開し、海のつながりを編み広げていっている。これまで国内外16地域で展開してきた。

 

この〈そらあみ〉というプロジェクトもまた、実はShared Linesと同様に2011年の震災をきっかけにはじまったものである。まさかその時にニュージーランドまでつながりこうして実際に来るとは思ってもいなかった。

 

〈そらあみ〉が、糸が、人とのご縁が私を世界へと連れていってくれる。そこにはその土地にしかない自然の魅力と人の暮らし、独自の文化がある。ニュージーランドでどんな違いと共通点に出会うのか、旅する糸の話ニュージーランド編のはじまりです。

 

明日、クライストチャーチからShared Lines開催地のカイコウラに移動します。

 

IMG_5829_s

2011年の地震の影響がまだ残っている現在のアートセンターは、元カンタベリー大学。

 

IMG_5832_s

日本に比べると復興はゆっくりとしている。

 

IMG_5837_s

クライストチャーチの中心にあり町の象徴でもあるカテドラル。ぽっかりと空いた穴をしばらく黙って眺めてしまう。

 

IMG_5841_s

あれから8年経つのに復興が遅くないか?と聞いてみたら、教会と政府がもめているそうだ。しかし復興の早さも良し悪しで、日本のように早い復興は痕跡が見えなくなることで救われつつも、あの時感じた大切なことを忘れがちである。そう考えるとカテドラルはこの状態でも町の象徴としての役割は果たしている。

 

IMG_5846_s

シップコンテナを建物の補強に使っているのが印象に残る。

 

IMG_5851_s

震災後「町うさぎ」が増え、こういった町中の庭で食事をしに来るのだそうだ。ペットが野生化したらしい。

 

IMG_5875_s

週末にアートセンターで開かれるマーケット。手作りの石鹸や手編みセーターなど良い雰囲気のクラフト店舗が多い。

 

IMG_5880_s

宿の近くにある植物園。とても広くて朝の散歩に最高。

 

IMG_5881_s

アートセンター外観。クライストチャーチの町はずっと平らで歩きやすい。

 

IMG_5904_s

クライストチャーチの町中から30ほど離れたリトルトンという町の海へ連れていってもらった。南半球とはいえ1月の海水浴は不思議な感じ。芝生と海が近い。海水は冷たく、風が吹くと寒いが日差しは強い。みんな家族や友人とゆっくり過ごしていた。

 

IMG_5905_s

ニュージーランドに期待していた羊のいる風景。以外とまだ出会えていない。