くすかき十二日目。ラジオ出演とタイムトラベル。

くすかき十二日目。6:30〜〈日々のくすかき〉(参加者20人)。10:20-35〈ラジオ出演〉。

 

今日は毎年恒例となったラジオ出演の日。太宰府から電車で30〜40分ほど移動し、天神にあるLOVE FMへ。15分ほどお時間をいただいて〈くすかき〉の紹介をさせていただいた。

 

DJのAnnaさんとの対話の中で「太宰府天満宮のあの空間に行くと、昔の人も同じ風景を見てたんだろうなぁと思うんです」という話が印象に残った。それはまさに〈くすかき〉の楽しみ方の1つ。松葉ほうきを持って1000年生きる樟の木の下で落ち葉を掻くと、きっと100年前の人も、そのずっと前の人も、はたまた100年後の人も、この同じ所作を通じて、春と、この空間と向き合うのだろうなと想像することができる。それはまるでタイムトラベルをしているような気分にすらなる。

 

1000年生きる樟の杜では1つの所作で時空を超える体験ができる。

 

15871105837335_s

LOVE FMにてDJのAnnaさんと。

 

15871105870802_s

毎年、リスナーの皆さんにお知らせする機会をいただけることに感謝です。楽しくお話しさせていただきました。Annaさんありがとうございました!

 

IMG_3052_s

 

新たな場所と向き合う。

 

IMG_3054_s

週末の歌舞伎公演に向けて掻き山は一時移動。柵のない珍しい風景。

 

IMG_3057_s

天満宮幼稚園の掻き山。

 

IMG_3059_s

場所が変わっても大事なことは同じ。しっかりと場所を整えます。

 

IMG_3061_s

今日が始業式。〈くすかき〉を終えそのまま中学校へ向かいます。いってらっしゃい。

 

IMG_3062_s

樟を守るために柵が設置されたので、これは元々の風景。


くすかき十一日目。初の掻き山の移動。

くすかき十一日目。6:30〜〈日々のくすかき〉(参加者29人)。10:00-16:00〈山かげ亭での制作〉(参加者19人)。

 

歌舞伎〈平成中村座 太宰府天満宮奉納特別公演〉が今週末4/9,10で行われる。その客席が〈くすかき〉の柵の位置と重なるため一時的にすぐ近くの天満宮幼稚園の園庭に移動することになった。会場設営準備が明日6日からはじまるため、今朝6:30の〈くすかき〉に集まったみんなと柵と葉っぱを移動させた。

 

くすかき史上初の掻き山の移動となったが、みんな葉っぱの扱いに慣れているせいか20分ほどで移動が完了した。

 

一時避難場所ということもあり柵も小さく組んだのだが、園庭というロケーションのせいか、掻き山がなんだか可愛らしく、どこか遊具のようにも見えてしまい、なんだかニンマリしてしまった。石灯篭や大きな樟ではない、幼稚園という背景によって、掻き山の見え方が変わる。なんだか新鮮な発見だった。

 

天満宮幼稚園に設置する期間は4/5-12。12日の朝6:30に元の場所に、またみんなで戻します。

 

IMG_3038_s

流れるような移動作業。みなさん流石です。

 

IMG_3040_s

これまで柵があった場所もしっかりと整えます。

 

IMG_3042_s

元の風景に戻ったのに、なんだか不思議な感じ。

 

IMG_3045_s

園庭の掻き山。なんだか可愛らしく見える。しばらくお世話になります。

IMG_3047_s

山かげ亭での制作風景。今年の制作ペースは順調です。

 

IMG_3050_s

制作チームの横の机では、春休みの宿題に取り組む高校生と遊んで欲しい小学生の図。


くすかき十日目。お休みの日の樟脳回収。

くすかき十日目。今日は月曜日なので〈くすかき〉はお休みだが、6:30から、昨日の〈くすのこうたき〉で水蒸気蒸留した樟脳の回収のみ行なった。

 

IMG_3029_s

こんぺいとうみたいで甘そうだが、樟脳は決して食べてはいけません。収穫量はバッチリです。


くすかき九日目。〈くすかき〉らしい朝。

くすかき九日目。6:30〜〈日々のくすかき〉(参加者22人)。10:00-15:00〈くすのこうたき〉(参加者10人)。16:00〜〈夕方のくすかき〉(参加者13人)。

 

昨日に引き続き今朝もかなり寒い。天気予報を見ると太宰府の朝の気温は2度とか3度といった表示。寒いと落葉も止まる。落葉が少ないと集まる人もなぜか少ないのが〈くすかき〉。もしかしたら単純に寒くてお布団から出られないのかもしれない。笑。

 

3日前の大雨が落葉の第一波だった。今日は場所を整えた。〈くすかき〉は「次なる葉っぱの落ちてくる場所を整えること」を大切にしている。そういう意味では今朝は葉っぱは少なかったけど〈くすかき〉らしい朝だったと言える。

 

IMG_3007_s

朝6:30の境内。ほとんど落葉はない。

 

IMG_3008_s

〈くすかき〉らしい朝。

 

IMG_3012_s

「整えましょうか?」「はい。お願いします」。縞模様を入れて場所を整える。場所を整える時間は自分の内面を整える時間のようにも感じる。この姿を見ているのもまた不思議と気分がいい。

 

IMG_3015_s

朝の〈くすかき〉が終わる7時過ぎ頃に、ちょうど境内に朝日が差し込むタイミングが重なるようになってきた。この光景がまた神々しい。

 

IMG_3018_s

昨日の〈くすのこうたき〉水蒸気蒸留で樟葉から抽出した樟脳の回収。

 

IMG_3019_s

収穫量バッチリです。

 

IMG_3021_s

今日の〈くすのこうたき〉は何故か子供がいなかった。散らかってないので片付けがとんでもなく楽だった(笑)が、彼らの声やハプニングがないのは、静かすぎてやはりちょっと寂しかった。

 

IMG_3024_s

長く使って痛んでしまった松葉ほうきを解体。その姿は未来の職人か?

 

IMG_3025_s

夕方のくすかき。日中気温が上がって風があったので意外と落葉があった。

 

IMG_3027_s

美しい。


くすかき八日目。そこにちゃんと春が来ている。

くすかき八日目。6:30〜〈日々のくすかき〉(参加者29人)。10:00-15:00〈くすのこうたき〉(参加者11人)。16:00〜〈夕方のくすかき〉(参加者17人)。

 

昨夜から冷え込んで今朝はかなり寒かった。三寒四温。正に春らしい気温の変化に、寒いけれどなんだか嬉しくなる。そこにちゃんと春が来ていることを感じられるから。引っ込めたダウンジャケットを再び取り出した朝だった。

 

IMG_2982_s

何年か前に職人さんを招いて行なった松葉ほうきつくりのワークショップで作ったマイほうきを肩に担いで朝の境内に登場した姿が素敵でした。掻き姿も素敵です。

 

IMG_2985_s

左:赤樟の落ち葉、右:白樟の落ち葉。樟は大きく分けて赤樟と白樟の2種類があり、更に個体差があります。

 

IMG_2987_s

樟葉以外を分別中。人によってはかなり厳しいチェックです。

 

IMG_2988_s

縞模様を入れて、次の葉っぱが落ちてくる場所を整えます。

 

IMG_2999_s

〈くすのこうたき〉水蒸気蒸留で樟葉から樟脳を抽出します。まずは葉っぱを砕きます。

 

IMG_3001_s

砕いた葉っぱに下から水蒸気を送ります。蒸してるような感じ。

 

IMG_3002_s

山から下ろした木を切って、、、

 

IMG_3003_s

それを割って、薪にします。

 

IMG_3004_s

水蒸気のパワーがすごくて、回収タンクのビニールシートが反転し膨らんでます。今年の窯は出来が良いようで圧がしっかり上がっております。収穫に期待が膨らむ。

 

IMG_3005_s

夕方のくすかき。日向は暖かくて、日陰は寒い。


くすかき七日目。大量の落ち葉と新芽の皮。

くすかき七日目。6:30〜〈日々のくすかき〉(参加者32人)。昨日の大雨で一気に大量の葉が落ちた。地面は樟葉で埋まっており正に落ち葉の絨毯。

 

そして今朝から〈新芽の皮〉が落ち始めた。新芽の皮は新芽を包んでいる白い薄皮のようなもので、これが落ちてくると、いよいよ樟若葉が開きはじめる。

 

最初は白くフニャフニャの若葉が、やがて薄い黄緑色になり、張りが出てくると徐々に緑が濃くなっていき、3週間後の会期最終日頃には、初夏の青空に燃えるような緑色となり天に広がる。その青空と樟若葉の色のコントラストは眩しいほど強く、樟の杜は生命の輝きで満ちる。新芽の皮が落ちはじめた今日がその最初の一歩とも言える。

 

IMG_2972_s

会場向かって右の樟葉は黄色いが、、、

 

IMG_2973_s

会場向かって左の樟葉は赤い。木によって特徴があるのも樟の面白いところ。他にも葉が大きかったり、丸かったり、長かったり、もっと真っ赤だったりと木によって葉っぱの特徴が違う。

 

IMG_2976_s

新芽の皮。一昨日は全く落ちていなくて、昨日は雨で、正に今日から登場。

 

IMG_2977_s

大量の落ち葉で掻き山は大きく急成長。


くすかき六日目。大雨らしい大雨。

くすかき六日目。6:30〜〈日々のくすかき〉(雨のため中止)。10:00-16:00〈山かげ亭での制作〉(参加者24人)。昨夜から降り始めた雨が今朝ピークを迎えた。大雨らしい大雨。

 

IMG_2957_s

朝6:30の境内。薄暗い。人はいない。

 

IMG_2960_s

山かげ亭での制作。玄関の風景。

 

IMG_2961_s

芳樟袋と手ぬぐいの販売が太宰府天満宮案内所ではじまっております。売り上げは〈くすかき〉の運営資金になります。ご協力のほどよろしくお願いします。

 

IMG_2965_s

心強い制作チーム。


くすかき五日目。今年の参加者は新規が多い。

くすかき五日目。6:30〜〈日々のくすかき〉(参加者32人)、10:00-16:00〈山かげ亭での制作〉(参加者12人)。会期がはじまってから天候に恵まれている。今日も暖かく穏やかな一日。

 

今年の参加者は新規が多い。親子での参加や、以前から気になっていてやっと来ました。といった方が多いようだ。30数人の参加の内、10人ほどが新規の方なので〈くすかき〉に新しい流れが来ているように感じる。山かげ亭での制作の方にも新たな人の流れがある。

 

13年目。継続することで進化しつつある。

 

IMG_2938_s

3月30日、水曜日、朝6:30の境内。

 

IMG_2939_s

初参加の人には、大人から子供まで経験者がそれぞれにそれぞれの〈くすかき〉を伝えます。

 

IMG_2940_s

きっちり。リズムよく。気持ちいい。

 

IMG_2945_s

五日目の掻き山。ずいぶん大きく成長しました。

 

IMG_2947_s

山かげ亭での制作風景。制作と宿題と。

 

IMG_2951_s

一年の記憶を宿す樟葉を20枚選んで、丁寧に包んでいきます。


くすかき四日目。落葉のタイミングが会期とドンピシャ。

くすかき四日目。6:30〜〈日々のくすかき〉(参加者33人)。10:00-16:00〈山かげ亭での制作〉(参加者7人)。今朝6:30からの〈くすかき〉参加者はなんと33人!目指せ300人!

 

毎年〈くすかき〉で話題になるのが、樟の落葉タイミング。基本的には落葉時期に合わせて会期を設定しているのだが、当然こちらが思い描く通りにはならないものである。年々、地球温暖化の影響で落葉時期は早くなっているような印象があるが、それでも落葉のピークは気温の寒暖差、雨、風といった様々な自然条件、そして樟自体のタイミングによって変化するので、我々人間はそれに合わせるしかない。

 

例年、自分の太宰府入りが落葉スタートタイミングより遅いと、お宮の皆さんから「おーい、五十嵐、遅いよ、落ちとうよ(笑)」といった声がけをいただく。しかし今年はなんと珍しく落葉のタイミングが〈くすかき〉会期とドンピシャ。今年は目一杯落葉と向き合える良い〈くすかき〉になりそうである。

 

IMG_2923_s

今朝6:30の落葉風景。まずまず落ちています。

 

IMG_2924_s

半袖短パン!すばらしい!

 

IMG_2925_s

33人で手分けして。

 

IMG_2926_s

波の音に聞こえる。

 

IMG_2928_s

葉っぱの落ちてくる場所を整える。それが〈くすかき〉の本質です。

 

IMG_2931_s

滞在場所兼制作スペースの山かげ亭の桜。満開を迎えました。

 

IMG_2934_s

奉加帳(一口2,000円の寄付制度)のお礼の品の1つ。芳樟袋を制作中。この美しい生地の提供は中川政七商店さん。毎年お世話になっております!

 

IMG_2935_s

祝儀型パッケージ。色別でハンコ押し。


くすかき三日目。樟脳回収、今年の初もの。

くすかき三日目。〈くすかき〉は月曜定休なので今日はお休み。だが毎年恒例の樟脳回収が月曜の朝6:30からある。昨日の〈くすのこうたき〉で抽出した樟脳回収をする。学校に行く前に見たいという希望から、いつしかこの時間が恒例となった。なので、お休みだけどやはり同じ時間に起きるのである(笑)。去年は樟脳があまり収穫できない年だった。緊張しながらフタを開けるとしっかりと結晶化した樟脳に出会えて一安心。これぞ春の太宰府の香り。

 

IMG_2910_s

樟脳の結晶が壁面にびっしり。よかった〜。

 

IMG_2914_s

春の香に包まれながら、ヘラで丁寧に回収。

 

IMG_2915_s

たくさんです。

 

IMG_2917_s

奪い合うように収穫。笑。

 

IMG_2918_s

今年の1回目の〈くすのこうたき〉はたくさん樟脳が収穫できました!