くすかき十六日目。葉っぱの山の存在感。

くすかき十六日目。今日の天候は曇りのち雨。6:30からの〈朝のくすかき〉には大人17名、子供12名。10:00からの〈くすのこうたき〉には大人10名、子供8名が集った。16:00からの〈夕方のくすかき〉は雨のため中止。

 

土日の太宰府天満宮は本当にたくさんの参拝客で賑わう。巨大な掻き山(落ち葉の山)の前に立ち止まって、記念写真を撮る人。中には結婚式を挙げた二人が掻き山の前で記念写真を撮る姿もあった。もしくは立ち止まって掻き山をじっと眺めている人もいる。立て看板を見て、樟を見上げて友人に説明している人もいる。

 

掻き山の前に立ち止まった夫婦のこんな話を聞いた。

 

お母さん「お父さん、この葉っぱの山はなんかいね」

お父さん「これはお焚き上げに使うんやろ」

 

看板に気づいたお母さん「いや、ちょっと違うわよ」

お父さん「いや、お焚き上げやろ。」

お母さん「ほら、ちゃんとここ読んで」

 

大きな葉っぱの山には人を惹きつける力がある。もちろんただの葉っぱの山でしかないのだが、丁寧に集め、ふるいにかけて分別し、少しずつ葉っぱを足して、地面を整え、たくさんの人の手で積み重ねた所作が、見え方を変えるのだ。

 

積み重ねた所作によって掻き山には理屈じゃない不思議な存在感が宿っている。それが人を惹きつけるのだ。

 

IMG_7455_s

週末の朝のくすかきが一番参加者が多いみたいです。

 

IMG_7457_s

何度も何度も納得がいくまで縞模様を入れ直していた姿が印象的でした。

 

IMG_7459_s

不思議なもので人は、この姿を想像できなくても、、、

 

IMG_7460_s

この姿から、何かを感じることはできる。

 

IMG_7461_s

〈くすのこうたき〉昨日、水蒸気蒸留した樟脳回収からスタート。

 

IMG_7463_s

蒸留水に浮いた樟脳をろ過しています。

 

IMG_7464_s

冷却タンク内に結晶化した樟脳を回収中。

 

IMG_7469_s

昨日は暖かかったので量はあまり期待していなかったのだけど、十分な収穫量でした。

 

IMG_7474_s

お堂の屋根があるので濡れないけれど、土砂降りの雨でかなり冷えてきました。でも樟脳は寒い方が収穫が増える様なので明日の樟脳回収に期待。

 

IMG_7476_s

丁寧に縞模様を入れて整えた上に落ちている葉は、やっぱり美しく見えるのが面白い。


くすかき十五日目。掻き山と青年の成長。

くすかき十五日目。天候は晴れ。朝日の美しい朝だった。6:30からの〈朝のくすかき〉には大人12名、子供9名。10:00からの〈くすのこうたき〉には大人8名、子供8名。16:00からの〈夕方のくすかき〉には大人9名、子供4名が集った。

 

会期終了まであと1週間となった。初日に比べれば、掻き山(葉っぱの山)も随分と大きくなった。この掻き山、どうやらその大きさに限界があるのか、ある一定の大きさになると、葉っぱを上から積んでも積んでも、サラサラと斜面を流れていって、そこからなかなか大きくならない。

 

流れていった葉っぱは裾野を広げる。すると少しだけ高く積めるようになる。理屈としてはそう考えるのだが、それでもやはり、重力の関係なのか、葉っぱのツルツル具合の関係なのか、限界はあるようなのだ。

 

掻き山のある正方形の柵の中を〈くすかき〉する人は、毎朝、より高く、より美しい形になるよう、最後に掻き山の形を整える。それを任せられているのは、だいたい1人か2人なのだが、最初から決まっているのではなく、会期を通じて本人の意識のあり方で、その役割を担っていくようなのが伝統になりつつある。

 

この掻き山の形を整える時間が〈朝のくすかき〉最後の工程になるので、道具を片づけたみんなが見ている中で行われるので、自然と会話も弾む。

 

「だいぶ高くなったねぇ」

「いや、まだ高くできるでしょ」

「いやいや、これが限界でしょ」

「今日はいい形になった」

「ほんとこれするだけで見え方がグッと良くなるからね」

 

掻き山を整えていた一人の新中学生が言った。

 

「過去最高目指したいよね。高くなるには、横にもっとガッチリしないと、、、あ!それって俺と一緒やん」

 

掻き山の成長に、育ち盛りの自らの姿を見出したのだった。

 

IMG_7422_s

天神広場全体を〈くすかき〉しました。

 

IMG_7423_s

朝日を背に受ける樟の木。

 

IMG_7425_s

掻き山はここからあとどれくらい大きくなれるか。落葉も終わりが近づいてきている。

 

IMG_7429_s

あまりにも朝の光が美しい。

 

IMG_7432_s

やはり、朝の境内がおすすめです。

 

IMG_7434_s

〈くすのこうたき〉水蒸気蒸留の火の番も安心して任せられる。

 

IMG_7438_s

蒸留中は、芳樟袋に葉っぱ詰めを行いました。

 

IMG_7440_s

午後は薪割りも。初めての人には、みんなが教えてあげていました。

 

IMG_7443_s

〈夕方のくすかき〉日中、暖かかったので、またたくさん落ちました。

 

IMG_7445_s

掻き山の成長と青年の成長。


くすかき十四日目。一枚も落ちてない、樟の新たな謎。

くすかき十四日目。今朝は気温9度。天候は晴れ。6:30からの〈朝のくすかき〉には大人12名、子供9名、合計21名が集った。

 

過去10年振り返っても、こんなことはあっただろうか。なんと、今朝は一枚も葉っぱが落ちていなかったのだ!

 

昨日の朝と同じ、全く変わっていない風景。ということは、昨日の朝のくすかきから、今日の朝のくすかきまで、丸一日ほとんど落葉がなかったということである。日中はそれなりに気温も上がっただろうし、今朝もめちゃくちゃ冷え込んだ訳でもない。昨日は多少の風も吹いていたし、、、なぜだろう?

 

落葉の条件は気温や風だと思っていた。確かにそれはそれで間違いないのだろうが、樟の木には我々がまだ知らない、また別の落葉条件があるのかもしれない。それはいったい何なのだろう?

 

樟の新たな謎が生まれた朝だった。

 

IMG_7406_s

また新しい謎が生まれた。

 

IMG_7407_s

昨日の朝と全く変わらない。

 

IMG_7409_s

ということで今朝のくすかきは、次なる葉っぱが落ちてくる場所づくりのため縞模様を入れ、場を整えました。


くすかき十三日目。縞模様に水の流れを感じる。

くすかき十三日目。今朝は気温9度。天候は晴れ。葉っぱに混じって枝が目立つようになってきた。枝が落ちると落葉がもうすぐ終わる知らせである。6:30からの〈朝のくすかき〉には大人13名、子供8名、合計21名が集った。

 

今朝の〈くすかき〉には近くにあるお寺のお坊さんも参加してくれ、面白い話をしてくれた。〈くすかき〉では、葉っぱを掻いた後で、次の葉っぱが落ちてくる場所をつくるという意味で、地面を整えて縞模様を描く。仏教の世界では枯山水で有名だが、この縞模様を砂紋(さもん/しゃもん)という。お坊さんの話だと、修行の時にこの砂紋を描く。描くときは、川の流れのように、石や何か障害物に当たったら自然とぶつかって流れができるように描いていくということを意識するとのことだった。

 

自分は以前から、〈くすかき〉で聞こえてくる音、具体的には松葉ほうきで葉っぱを掻く音が、砂浜に打ち寄せる波の音のように聞こえ、縞模様は波紋のように見えていた。なので広い天神広場一面に縞模様が描かれた時には大海原を見ているような感覚があり、縞模様の上に新たに落ちてきた葉っぱは海原に浮かぶ舟のように感じていた。一緒に〈くすかき〉をしている仲間ともよくそんな話をしていた。

 

ここで興味深いのは、くすかきの跡も仏教の砂紋も縞模様に水を感じるという点にある。自然界では海底や砂漠なんかに縞模様ができる。自然現象で水や空気が流れることによってできる風景である。人が作り出す縞模様は風や波が作り出す模様が人類の記憶の奥底にあって、それを人の手でつくっているとも言える。

 

故に人は縞模様に風や波といった、水や空気の流れを感じることができる。だから、朝のくすかきをした後は、あんなに清々しいのかもしれない。

 

そう考えると、くすかきをしている人たちは、風であり、波であるとも言える。

 

IMG_7396_s

葉っぱに混じって枝が目立つようになってきた。

 

IMG_7398_s

風であり。

 

IMG_7399_s

波である。

 

IMG_7401_s

波打ち際。

 

IMG_7402_s

お坊さんは、既に〈くすかき〉に必要なスキルも知識も持ち合わせ、ごく自然に場に馴染んでいました。流石です。

 

IMG_7404_s

掻き山もぐぐっと大きくなりました。


くすかき十二日目。みんな来てるかなぁ。

くすかき十二日目。今朝の気温14度。天候は曇り時々雨。開催か中止か判断に悩む朝だった。そんな時は現場に行くしかない。朝6:00の天神広場へ行ってみると昨夜からの雨は止んでいて、樟の木の下の地面には水たまりもなく、試しに少しだけ葉っぱを掻いてみたら、多少の砂は葉っぱについてしまうが、どうにかできそうだったので決行の判断をした。きっとみんな今朝は〈くすかき〉があるかないか悩んだに違いない。それでも、6:30からの〈朝のくすかき〉には大人7名、子供3名、合計10名が集った。

 

今日みたいな朝は、人数はどうしても少なくなってしまうが、逆に会えたときの嬉しさが倍増する。足を運んでくれた中学生に話を聞くと「みんな来てるかなぁ?って弟と話をしながら来ました。そしたら、来てみたらやってたから」と、はにかんだ笑顔を見せてくれた。

 

そう。〈くすかき〉には、朝に会えるというなんとも言えない喜びがあるのだ。毎朝会うこの〈くすかき〉のコミュニティは、仕事も学校も世代も地域もいろいろな人たちで構成されていて、朝のくすかきを終えたら、「いってらっしゃい」で送り出され、それぞれ学校や会社といった別々のコミュニティへと旅立っていく。

 

誰かに会えるかもしれない。きっと誰かが来てるだろう。そう、子供の頃に誰とも約束せずに一人で空き地や公園へ行った時のあの感覚である。人に会ってうれしい気持ちになれるのもまた〈くすかき〉の魅力なのだろう。

 

IMG_7383_s

昨夜の雨で大量の落ち葉。掻き山も雨の重みで沈んでいるように見える。

 

IMG_7386_s

今日は、シャカシャカ(篩/ふるい)フル稼働です。

 

IMG_7392_s

若葉はまだ柔らかいので雨に濡れて下を向いていました。

 

IMG_7393_s

朝のくすかき終了後、また雨が降って来ました。


くすかき十一日目。足元の赤と頭上の緑。

くすかき十一日目。〈くすかき〉の会期は22日間なので、今日がちょうど中日になる。もう折り返しだと思うと、今年もあっという間に最終日がくるのだなと感慨深いものがある。今朝の気温は昨日に引き続き13度と暖かく、いよいよ今年の落葉のピークに差し掛かってきたような雰囲気。6:30からの〈朝のくすかき〉には大人15名、子供10名、合計25名が集った。

 

今朝も樟の葉は天神広場全体に広がって落ちていた。落ちている葉っぱの色もだいぶ赤味が強くなって、掻き山も赤っぽく見えるようになってきた。逆に、若葉はすっかり黄緑になり、日増しに緑味が強くなっていっている。

 

足元の赤と頭上の緑。色味を増す2つのコントラストに、しばし目を奪われていた。

 

IMG_7374_s

今日も天神広場全体を〈くすかき〉できました。

 

IMG_7375_s

赤味を増してきた掻き山。

 

IMG_7377_s

自転車で30分かけて駆けつけてくれました!

 

IMG_7378_s

足元の赤と頭上の緑。色味を増す2つのコントラスト。


くすかき十日目。樟脳回収。

くすかき十日目。今朝の気温は13度。三寒四温の四温の方が続いている。今日はくすかきは定休の月曜日だったので、昨日の〈くすのこうたき〉で水蒸気蒸留した樟脳の回収のみ朝6時半から行った。

 

IMG_7363_s

昨日も暖かかったし、今朝も13度とかなりあったかいから、あまり期待できないかな。

 

IMG_7365_s

お!意外と採れてる!

 

IMG_7366_s

うーん。収穫量への影響は、気温もあるけど、やはりそれだけではなさそう。

 

IMG_7368_s

始業式で学校に行く前に樟脳回収。

 

IMG_7370_s

二人は新中学一年生。入学式までまだあと数日は学校に行かなくてよいそうです。

 

IMG_7372_s

桜は満開。樟脳も上々。


くすかき九日目。樟の木の中で起きていることを想像する。

くすかき九日目。今朝の気温は10度。暖かい朝が続いている。6時半からの〈朝のくすかき〉には大人14名、子供10名、合計24名。その後、10時からの〈くすのこうたき〉と16時からの〈夕方のくすかき〉には大人8名、子供6名の参加があった。

 

会期中、毎週末の土日で〈くすのこうたき〉と題し、樟の葉っぱを水蒸気蒸留し樟脳づくりを行っている。これまでの経験で寒い日の方が、樟脳がたくさん採れるようなのだが、昨日も今日も朝は10度で日中は20度以上と、かなり暖かいため、あまり収穫量は期待できない。

 

もちろんたくさん採れた方が良いのだが、これを、温度を徹底管理したような工場でコンスタントに収穫できたとしても、やはりそれは面白くない。

 

天然樟脳づくりを日本で唯一されている内野樟脳につくり方を習いに行った時に、ご主人から聞いた話だが、何度同じやり方でやってもフタを開けてみるまでは、どれくらい採れているか分からないというのだ。

 

これは、自然条件によって樟脳の収穫量は左右されるということである。もっといえば、天候や気温や気圧の変化に、樟は反応しているということである。

 

そう考えると〈くすのこうたき〉で樟脳を取り出し、それを観察するということは、樟の木の中で起きている反応を見ているとも言える。

 

IMG_7337_s

昨日に引き続き今日もたくさんの落葉。

 

IMG_7338_s

若葉も大きくなってきました。

 

IMG_7339_s

楼門前も〈くすかき〉します。

 

IMG_7343_s

昨日の〈くすのこうたき〉で水蒸気蒸留した樟脳の回収。木の中で起きていることを想像してみる。

 

IMG_7344_s

タライにできた樟脳をろ過しています。

 

IMG_7346_s

樟脳回収中。

 

IMG_7348_s

今日の〈くすのこうたき〉のために、薪をくべて羽釜の湯を沸かしています。

 

IMG_7350_s

葉っぱを細かく砕きます。

 

IMG_7351_s

砕いた葉っぱを水蒸気蒸留装置に入れます。

 

IMG_7354_s

砕いた葉っぱを押し込みます。

 

IMG_7356_s

樟の木の中で起きていることを想像するための装置でもある。

 

IMG_7357_s

薪割りを伝授したり、応援したり。

 

IMG_7358_s

夕方のくすかき。またこんなに葉っぱが!

 

IMG_7359_s

今日は一日、朝から夕方まで樟と向き合う1日でした。

 

IMG_7361_s

日に日に大きくなる掻き山。


くすかき八日目。活気ある朝。

くすかき八日目。今朝の気温は10度と暖かく、樟の杜の境内は一面落葉が広がっていた。6時半からの〈朝のくすかき〉には大人20名、子供17名、なんと合計37名が集った。おそらく〈朝のくすかき〉史上最高人数となった。その後、10時から〈くすのこうたき(樟脳づくり)〉、16時から〈夕方のくすかき〉といった1日。

 

〈くすかき〉は、その日の落葉が多いか少ないか、想像はできても本当のところは行って見ないとわからない。それと同じで、どれくらいの人数が集まるかも行ってみないとわからない。しかし今日は葉っぱも人も多かった。そして、とても良い〈くすかき〉ができた。あれだけの広範囲の落葉と無理なく向き合えるなんて、これまでのみんなの経験が活かされ、〈くすかき〉として一段階ランクアップしたような感覚を覚えた朝となった。

 

今朝はあまりの落葉の多さに定時の6時半より少し早く、到着したら順次はじめてもらった。すると次から次へと人が集い、大量の落葉が広がる境内と向き合う気持ちが重なるかのように活気が生まれ、天神広場全体を網羅するほどに広範囲に渡って〈くすかき〉することができた。しかもすごかったのは、あれこれ指示を出すのではなく、経験者がそれぞれに考え、道具を出したりしまったり、〈くすかき〉する範囲を判断したりしながら、ごく自然な流れで普段通りの時間で終えることができたことにある。

 

7時過ぎ、朝のくすかきを終え、地面にしっかり縞模様が入り、一段と大きくなった掻き山を眺めると、なんとも言えない達成感が辺りを包んで、自然と会話が弾んだ。

 

「いやぁ、今日はすごかったね。いい感じやった!」

「人も多かったけど、あれだけの落葉の量でよく時間通り終わったよね」

「ほんと、朝来た時はどうなるかと思ったよ」

「なんか、いい流れがあったよね」

「そうそう、なんか今日は活気があったよ」

「大人も子供もみんなよく役割分担してやれてたしね」

「やっぱ、葉っぱが多かったから、みんな気合いが入ったんでしょ(笑)」

 

落葉の量や、人数、メンバー、天候や気圧や気温など、様々な条件が揃ったことで生まれた理想的な〈くすかき〉の時間だった。今年はあと何回こんな瞬間に立ち会えるのだろう。落葉の多い朝が楽しみでならない。

 

IMG_7316_s

境内に広がる落葉

 

IMG_7318_s

自分ができることを、それぞれに。まるで朝のセッションをしているよう。

 

IMG_7319_s

本殿前のスペースまで

 

IMG_7320_s

こっちは絵馬堂の前のスペースまで

 

IMG_7321_s

掻き山は一段と大きくなりました。

 

IMG_7324_s

〈くすのこうたき〉水蒸気蒸留する葉っぱから枝や砂など余計なものを取り除いています。

 

IMG_7327_s

〈くすのこうたき〉お昼休憩中。桜満開です。

 

IMG_7331_s

〈くすのこうたき〉燃料にする薪割り。この一年でまた一段と逞しくなりました。

 

IMG_7333_s

〈夕方のくすかき〉夕方までにまたこんなにたくさんの落葉がありました。


くすかき七日目。1年で10㎝。今年は誰が芽吹くか?

くすかき七日目。今朝の気温は9度。昨日の3度に比べたらかなり暖かく感じる。暖かくなればもちろん落葉も多い。朝の〈くすかき〉には大人12名、子供11名、合計23名が集った。

 

〈くすかき〉の楽しみの1つに、子供たちの成長がある。成長の楽しみには大きく2つあり、1つは1年ぶりに再会した時の成長ぶりの驚き。もう1つは会期中の3週間に樟若葉が芽吹くように急成長を遂げる瞬間に立ち会う喜び。

 

後者の方はこれまで何人も見てきた。言葉で表現するのは難しいのだが、何かきっと本人の中で意識や気持ちの変化が生じているようで、しっかりするというか、顔つきや振る舞いが明らかに変わるのだ。

 

大人たちは毎年、今年は誰の年になるのかと楽しみにしている。そう、樟若葉と同じように、子供たちの芽吹きを観察しているのだ。

 

これに立ち会うことほど感動的なことはない。今年ももちろんその兆しを既に感じさせてくれている人もいる。

 

そして前者は、単純に一年に一度の再会の瞬間に、分かりやすく身長の変化の驚き。今年最もびっくりしたのはなんと一人の男の子の身長が10㎝も伸びていたのだ。あまりの成長ぶりに一年前の記憶が揺らいだ(笑)確かにものすごくよく食べるなぁとは思っていたのだが、やはりあの食欲は身長爆発の前兆だったのだ。

 

まぁ身長は分かりやすい話だが、それ以外にも一人一人確実に成長している変化に気がつく。ほうきが持てるようになってたり、掻き方が上手くなっていたり、視野が広くなっていたり、挨拶ができるようになっていたり、少し我慢ができるようになっていたり、大きな声で返事ができるようになっていたり、少し恥ずかしがるようになっていたり、年下の面倒を見れるようになっていたり、それは本当に一人一人違う。

 

若葉のように、芽吹くタイミングも育つペースもみんな違う。

 

彼らは僕らが生きられないもっと未来を生き、つくっていく人たちだ。だから彼らには、春の寒さの大切さや、朝日の美しさや、樟若葉の色の変化や、樟脳の香りや、落葉を掻いた時に出る音や、みんなで協力する楽しさや、自分と向き合う大切さや、いろんな大人がいることといった、広くて深くて美しい世界があるということを自分の肌で感じて、自分で見つけてもらいたい。

 

子供たちは未来そのもの。朝日をたくさん浴びて、のびのびと大きく育ってほしい。

 

しかし、自分は身長が止まってから何年経つのだろう?むしろ身体は劣化の一途をたどっている(笑)

 

IMG_7307_s

子供たちの目覚しい成長。

 

IMG_7308_s

昨日の自分を今日超えていく。

 

IMG_7309_s

できることが増えていく。

 

IMG_7310_s

今日の掻き山。

 

IMG_7312_s

単に山が大きくなっただけでなく、1週間の場づくりで、だんだんと掻き山の存在感が増してきている。