Cerrito Azulのみんなに美術館にきてもらう/Centro Cultural de Bellas Artes展示設営6日目 

Centro Cultural de Bellas Artes展示設営6日目。今日はCerrito Azulのみんなに美術館に来てもらい、糸紡ぎと糸巻きのアクティビティを行った。設営中という展覧会の会期前に来てもらったのは、場所に慣れてもらいたかったからである。

 

自閉症の人は新しい場所に行くことが得意ではない。しかし、彼らとアクティビティを共にすることが最もTURNの気づきに近づく方法である。なので展覧会が始まったら、何度かCerrito Azulのみんなに美術館に足を運んでもらい、来場者と一緒にアクティビティをする機会をつくってもらいたいと考えており、少しでも場所に慣れてもらいたかったのだ。

 

結果としては、いろいろあった。もちろん初めての場所だったからみんな少し最初は落ち着かない様子だった。それでも糸紡ぎや糸巻きといった、これまでCerrito Azulでやってきたアクティビティがはじまると、少し空気感が変わり、いつもの落ち着いた雰囲気となった。

 

しかし、いつも落ち着いているマルセロが大きな声を出すという瞬間があった。今日はマルセロのご両親も一緒だったから嬉しかったのか、美術館という新しい場所がそうさせたのか、本当の気持ちはマルセロ本人にしか分からない。

 

そして、これはなんだか不思議なことだが、仮設置しているプシュカや糸玉から垂直に伸びる無数の糸が、なんだか嬉しそうに見えた。まるで、彼らの存在を感じて振動しているかのようだった。糸はそういった微細な変化を拾う特徴を持った素材なのかもしれない。

 

こうして、別の場所でみんなと会うのは初めてだった。何より再会できたことが素直に嬉しかった。

 

 

IMG_3303_s

Cerrito Azulのみんなが美術館に登場。最近は設営のため会っていなかったので久々の再会を共に喜んだ。

 

IMG_3305_s

まず最初は設営中の展示を見てもらった。みんなで巻いたたくさんの糸玉。見慣れているはずだが、緊張しているのだろうか、みんな数人で固まって行動していた。

 

IMG_3314_s

アルパカの原毛を糸紡ぎするアクティビティ。

 

IMG_3316_s

天井が高い空間が面白かったのか、ガブリエルは小さくちぎったアルパカの原毛を「ふぅ〜」っと吹いて空に浮かべて遊んでいた。場所の力が、ガブリエルの遊び心を良い感じにくすぐったのか。これは初めて見たが、見ていて気持ちの良いものだった。

 

IMG_3319_s

レナトはいつも通りに時々アルパカの毛の匂いを嗅ぎ、頬にあてていた。マルセロは今日も上手に糸を紡いだ。

 

IMG_3321_s

アルパカという素材に触れ、少しずつ雰囲気が落ち着いていった。

 

IMG_3323_s

最後はみんなで糸巻き。もちろんこれにはみんな慣れている。

 

IMG_3325_s

綛糸から、みんなの手を介してぐるりとまわって糸玉へ。

 

IMG_3326_s

手の中を糸が動いていく。

 

IMG_3327_s

美術館で輪になってのアクティビティ。

 

IMG_3334_s

最後はみんなで集合写真。

 

IMG_3349_s

美術館とCerrito Azulのみんな。


プシュカに糸を巻きながら考えたこと/Centro Cultural de Bellas Artes展示設営5日目

Centro Cultural de Bellas Artes展示設営5日目。今日からプシュカの仮設置がはじまった。

 

設営現場の通訳兼アシスタントとして入ってもらっているアンデス染織専門家の有紀さんから興味深い話を聞いた。

 

アンデス染織と一言でいっても、その時代には幅がある。長い時間軸でアンデス染織を発掘し研究してきた有紀さんの目からすると、約500年前のインカ時代の織物は大量生産されたこともあり、均一でツルッとしていて、今でいうユニクロのような感じなのだそうだ。逆に約2000年前のパラカス時代の織物は動物っぽいというか、蛇がうねって波打つような野生性があり、より生命力を感じるとのことだった。

 

その後、インカ帝国がスペインに滅ぼされた1533年以降の織物は更に生命力を失っていく。当時スペイン人は、ありとあらゆるインカの伝承者を殺していった。例えば、文字を持たない社会で文字の代わりにキープと呼ばれる結び縄による、人口や農産物の統計や、歴史といった言語情報を専門に作製解読する仕事をしていたキープカマヨック(キープ保持者)というような、歴史であり文化の伝承者を皆殺しにした。

 

織物の世界でいうと、色の意味や模様や図柄に織り込まれた複雑なイメージを伝承する役割にあった人、キープと同じように作製と解読を専門にしていた、いわゆる織物におけるリーダーを司っていた人が全て殺された。

 

リーダーは殺されたが、織りの技術を持った人は、その後、スペイン人によって支配され、スペインの指示による織物(十字架や双頭の鷲など)を意味も分からず織らされた。人の体で例えるならば、首を切り落として、頭だけスペインを乗せた状態で、インカの手で織物を織ったようなものである。この時期に織られた織物の図像は十字架の端が大きく歪んでいたり、蝶の触覚が3本だったり、異常なものばかり。図柄の意味も分からないまま奴隷のように織らされたからである。

 

組織のトップを殺すのは支配するのに最も効率的かもしれないが、文化というものは淘汰されながらも積層していった時代の表現であり、出し手と受け手の相互作用によって成長し花開くものである。伝承者がいなくなるということは、技術が表現として機能しなくなることを意味する。まさに文化に血が通わなくなった瞬間である。以後、ペルーの織物が力を失い何の意味も持たなくなったのだ。

 

少し話はズレるが、ペルーの人にスペインは好きか?嫌いか?と聞くと、嫌いな人が多いそうだが、もちろん当時のスペイン人の行いであることは理解しているし、今のスペインに恨みはない。もっと言えば、その後、混血となり自分の中にスペインの血が流れているので、スペインを嫌うことは自己否定にもつながってしまうという複雑な心理があるのだそうだ。

 

そして、歴史上では、1821年にペルーはスペインから独立したことになってはいるが、文化的な意味では、未だ伝承は途切れたまま、本当の意味での独立はまだしていないように思える。

 

また、ペルーにおけるスペインは、日本におけるアメリカのようなもので、ペルーにいると日本もまた文化的な意味での独立はしていないのだと思う。ペルー同様、無意識で刷り込まれている欧米や白人への憧れ、美術であり文化の中心が欧米以外に存在しないかのような考え方といったものもそうだろう。

 

植民地化という欧米のスタイルは、結局、支配者と奴隷の関係の方法論である。その土地の自然環境や伝承といったつながりを断たれ、意味も分からず織物を織っているようなものでもある。形は変われども、日本の地方に◯◯銀座やリトル東京のような町がたくさんあるように、欧米のスタイルでリマや東京のような都市が世界中にある。見えないようしてはいるが、その背景には少数の支配者と多数の奴隷の関係がある。ここ10年の動きだが、日本の地方が東京や銀座に憧れ、真似をするのではなく各地の違いを魅力としはじめたように、リマや東京も、文化的な意味での欧米からの独立を考えるべきである。ペルーの織物に生命力を再び宿す未来の方が魅力的である。と同時に日本のことも考えてしまう、、、。

 

話をもどそう。そういえば、“物”が力を失うという話で思い出したことがある。以前、ある博物館で様々な時代の仏像が並べて展示してあったのだが、彫られた仏像のつくりや迫力や存在感に明らかに時代ごとの差があったのだ。なぜかと聞くと、その理由は信仰心にあった。考えてみれば当然である。仏像の存在が生きていく上で、もしくは死にゆく上で、なくてはならないものであった時代は、ものすごいクオリティの仏像がつくられる。逆に信仰心が弱まるにつれ仏像のつくりは甘くなっていく。その時代を生きる作り手の信仰心であり、人々の信じる心が“物”の質を上げ、力を与えるのだ。

 

どの時代の芸術家、アーティストも、常にその時代の人々が信じるもの、見たいものを可視化、もしくは表現してきた。それは、時に見たくないけれど目を背けてはいけない問いでもある。当然、それはアーティスト本人が見たいものでもあった。

 

では、現代社会はどうだろうか?現代に生きる我々は何を信じ、何が見たいのだろうか?大量のお金か?物に溢れた暮らしか?それでは信じる物の一つ一つの背景があまりに薄すぎる。

 

ゆえに現代は、物は溢れているが、物の力がない時代と言える。数千年という永い時間軸で物の持つ力を比べた場合、今の時代に生み出されるものは見応えのないもの、もしくは残らないものだろう。

 

しかし、生まれる時代は選べない。今の時代のアーティストは、自分は、いったい何を信じ、見たいのだろう?

 

世界中でテロが起こり、海を越えた隣国からはミサイルが発射されている時代。自分が最も信じたいものは、、、人である。人の人間らしさを信じたい。

 

では、人間らしさとは何だろうか?それはTURNプロジェクトを通じて、障害など現代社会で弱き立場にあるある人たちとの交流から学んだ。人間らしさとは“弱さ”である。強くなること、支配することを良しとする時代だが、そもそも、ヒトのはじまりは森を追い出された弱いサルである。ヒトのアイデンティティは弱さにあるのだ。弱きサルが歩き知恵をつけ、海岸、島、平地、ジャングル、山、などなど各地の多種多様な自然環境と向き合い、多種多様な文化を育ててきた。その、人と自然環境との様々な関わり方こそ、アートであり、文化であり、自分が見たいものである。その関係性は時に土地の神と呼ばれる。ペルーでは都市や町の中央にカトリック教会が人々を見下ろすようにあり、地方では大地や山の神々がしゃがんでついた手のひらの先にあった。アルパカを追う土地でのパチャママ(大地の神)の存在は、人と自然環境との関係性そのものであった。

 

自分が、今の時代に信じたいものは人間らしさであり、可視化したいものはそれぞれの土地の神さまである。それは人とその土地ならではの関係性のことである。

 

もう一度、人らしさを取り戻すために、強さをぶつけ合う現代人に最も必要なものは自身のアイデンティティである“弱さ”の解放である。

 

弱きもの、小さきもの、目に見えないもの、そういった、ささやかで微細な変化に目を向けることで、自分の中にある弱さというアイデンティティに気づきはじめることができる。

 

美術館でプシュカに糸を巻きながら、ずっと考えていた。

 

IMG_3269_s

プシュカに糸を巻いていると、いろんなことを考える。

 

IMG_3270_s

連日、手伝いに来てくれるタチアナはペルー国立美術学校付属予備校の生徒。ちなみに予備校は美術館の2階にあることが分かった。

 

IMG_3298_s

糸を巻いたプシュカを設置していきます。

 

IMG_3301_s

糸が外れないように固定します。


糸玉と向き合う時間/Centro Cultural de Bellas Artes展示設営3日目 

Centro Cultural de Bellas Artes展示設営3日目。今日から糸玉の設置をはじめた。Cerrito Azulのみんながつくった糸玉は、同じようで一つ一つ微妙に形や硬さが違う。一つ一つの糸玉と向き合う時間は、一人一人と向き合う時間のようである。

 

IMG_3248_s

ミサと糸玉。ミサは覚えたことを初めてやる人に伝えるのが上手い。気配り上手。

 

IMG_3254_s

タチアナと糸玉。タチアナは自分で編み物もするくらいで糸に慣れていて仕事もきれい。

 

IMG_3255_s

セサルと糸玉。セサルは集中して黙々と仕事を進める。けれど、美術館の人気者なのでよく人に話しかけられる。

 

IMG_3256_s

みんなで並んで糸玉と向き合っている姿は、巨大な楽器の調律か演奏をしているように見え、そこに音はないのに音を感じる風景だった。


ペルーの美術館で糸巻きしてみる/Centro Cultural de Bellas Artes展示設営2日目

Centro Cultural de Bellas Artes展示設営2日目。今日から本格的に展示設営がはじまった。美術館の設営担当のセサルがアシスタントとして動いてくれ、他にも、ペルー国立高等美術学校/BELLAS ARTESの学生たち6名ほども手伝いに来てくれた。中には糸に触れるのは初めてという男子学生もおり、アンデスをはじめとする染織文化のイメージが強いペルーといえども、現代っ子はあまり糸に触れる機会がないようである。それでも、糸巻きしたり糸紡ぎしていると、美術館を出入りする関係者が、私のおばあちゃんも糸紡ぎしてた!とか、小さい頃に糸紡ぎや糸巻きはよく見たよー!といった声が聞こえてくる。そして、みんな穏やかに楽しそうに作業をしている。これもやはり糸の成し得る雰囲気づくりなのだろう。

 

IMG_3225_s

コチニールで染めたアルパカの糸と羊の糸とプシュカ。

 

IMG_3231_s

美術館で糸巻きしてみる。ペルー国立高等美術学校/BELLAS ARTESの学生たち。

 

IMG_3233_s

柱を使って、糸の長さを揃えています。

 

IMG_3234_s

アシスタントのセサルと糸巻きをするサンドラ。糸がつくる穏やかな空気。

 

IMG_3241_s

藍染めし玉にした青系の糸と、コチニール染めしプシュカに巻いた赤系の糸。


素材梱包

今日は展示に使用する素材を美術館に運ぶための梱包を行った。主に梱包作業をしたものは糸玉。TURNを通じて2015年から交流を続けている東京の町田にあるクラフト工房La Manoに藍染めしてもらった糸を、ペルーのリマにあるCerrito Azulのみんなに糸玉にしてもらった。その数、約500個。

 

手から手へ。

 

紡がれた糸は、染められ、糸玉になり、これから出会う人に何かを伝えるために美術館へと向かう。

 

旅する糸の物語。

 

IMG_3192_s

ホームステイ先のチエロおばあちゃんがカゴに白い糸玉を入れて「Huevo!!!」とにっこり。Huevoはスペイン語で、たまごです(笑)

 

IMG_3195_s

梱包作業を手伝ってくれているのは、この家のお手伝いさんのマリエステル。後ろでは野菜を届けにきたマウリが休憩中。


展示打合せ/Centro Cultural de Bellas Artes展示設営1日目

Centro Cultural de Bellas Artes展示設営1日目。今日は、展示設営に向けて関係者が集まり、設置方法の確認、細かな素材選び、スケジュール調整等々の打合せを行った。集ったのは以下のメンバーに自分を含めた計7名。

 

プロデューサーのロサーナ。

美術館担当者のサンドラ。

美術館展示設営担当のセサル。

設営業者のルーベンとホルヘ。

通訳の有紀さん。

 

IMG_3201_s

Centro Cultural de Bellas Artes内、この空間に展示します。


ホルヘの靴紐をレナトが結ぶ/Cerrito Azul交流18日目

Cerrito Azul交流18日目。Cerrito Azulで「小さい糸巻き」を行った。

 

今日は不思議な光景を目にした。いつも通りに糸巻きをしに、みんなで広場へ移動していたら、ホルヘの靴紐をレナトが結んだのだ。

 

自閉症の人どうしのこういった関係を今まで見たことがなかった。

 

これまで、手をつないで歩いたり、相手にもたれかかったりというのは見たことがあった。他にはスタッフや自分のようなアクテビィティを仕掛ける側が、ある程度関係性が生まれることを期待した共同作業の結果として、関係性があるように見えている状況はあった。

 

実際に、これまで靴紐が解けた時も、クラス担当スタッフのジャンピエールが結んであげているのは、何度も目にしてきた。

 

しかし今日のこの目の前で起きたことは、あくまでホルヘとレナトの2人の関係性だったことに驚いた。誰かに指示されたわけでもなかった。

 

ホルヘが、靴紐が解けた方の靴を前に出すと、レナトが近づいて結んであげたのだ。

結び終わると、特にお礼や何か合図があるわけでもなく、レナトはそそくさとその場を去っていった。

 

ホルヘは靴紐を結べない。レナトは靴紐を結ぶことができる。ただそれだけの関係。感謝の言葉も、なんの見返りも求めない。できない人がいるから、できる人ができることをする。それだけのこと。なんと美しい関係性だろうか。

 

いつか自分の靴紐もレナトは結んでくれるだろうか?できれば結んでもらいたいな、、、。なんてことを自分は考えてしまうのだが、靴紐が結べる自分では、この関係性はつくれないということか、、、。

 

2人の純粋な関係性が美しかった。

 

IMG_3170_s

ホルヘの靴紐をレナトが結ぶ。

 

IMG_3172_s

何事もなかったかのように、糸巻きをする広場へ向かう。


コチニールの赤/Cerrito Azul交流17日目

Cerrito Azul交流17日目。Cerrito Azulで「小さい糸巻き」を行い、その後、アンデス染織専門家の有紀さんのアトリエに移動し、コチニールで糸を赤く染色した。

 

1519年、新大陸の地に降り立ったスペインの征服者たちは、市場を埋め尽くす鮮やかな赤に目を奪われた。光り輝く色彩はまさに生命の炎であり、魂を揺さぶる情熱の色。これこそヨーロッパの人々が、そして彼らの王が権威の象徴として求めた完璧な赤だった。

この色をヨーロッパに持ち込めば巨額の利益を生む—–スペイン人たちは製法から原料・産地にいたるまでを国家機密とし、完全なる秘密主義を貫いた。そのため18世紀まで原料の正体すら明らかにならず、イギリス、オランダ、フランスなど各国は躍起になってスペインの輸送船団を襲撃させ、新大陸にスパイを放った。市民のなかには正体をめぐって全財産を賭けた大博打に出る者まで現れた。

はたしてその正体は、植物の根? 種? 花? それとも動物の糞か、虫か? 国家も民衆も翻弄し、ヨーロッパ全土を競争へと駆り立てたその染料の名はグラナ。現在ではコチニールとして知られ、身近な食品や自然派化粧品などに使われている。

 

<完璧な赤(エイミー・B・グリーンフィールド、佐藤桂[訳])>という本には、コチニールはこのように紹介されている。

 

結論から言うと、サボテンにつく虫で赤く染めるのだ。緑のサボテンにつく虫が赤い染料になるのが不思議で、染めの先生のオスカルに聞いたが、自然のものだからね、、、、と言っていた。

 

今日は狙っていた色よりも赤味が弱かったが、これはこれで非常に美しい色。赤味の違いが何故出るのかをオスカルに聞くと、コチニールの産地によって赤味が違うのだそうだ。天然染料ならではの理由である。

 

ちなみにペルーでは、今もコチニールは宝石と同じように扱われていて、原石屋と呼ばれる宝石の原石を扱うお店が「金・銀・コチニール」という看板を掲げているのだそうだ。

 

コチニールの赤という色はスペイン人に発見されるずっと前から変わっていないが、その価値観やモノの見方は変わっていく。いつの時代も価値に翻弄されるのは常に人。赤は赤のまま。虫は虫のまま。

 

今の時代の価値あるものも、過去や未来からしたら理解しがたいものばかりだろう。身の回りにある、自分の中で疑う余地のない、あたり前に価値化された存在こそ、最も疑うべき価値である。

 

今の時代、何も持たずに生きるということが最も自由になれる方法なのだが、それが怖くてできないという不自由さの中にいる。

 

コチニールの赤い色を染めながらそんなことを考えていた。

 

IMG_1554_s

アトリエにあったコチニール染めのレシピ本。イラストのような形をした5mmくらいの虫です。

 

IMG_1557_s

同じレシピ本にあったサボテンからコチニールを収穫するイラスト。

 

IMG_3148_s

染めの先生オスカル。

 

IMG_3154_s

レモンを入れたり、煮込んだりして、なんだか料理をしているみたいです。

 

IMG_3167_s

3つのトーンに染めました。美しい色です。


糸巻きが必要な人/Cerrito Azul交流16日目

Cerrito Azul交流16日目。「小さい糸巻き」を行った。

 

今日はどこかの大学の学生たちが実習に訪れた。人数も10名以上おり、せっかくの機会なので、Cerrito Azulの人と2人1組のペアになってもらい、サポートする形で糸巻きのアクティビティに参加してもらった。

 

興味深かったのは、気がつくとサポートで入った学生が夢中になって糸巻きをしていたことである。

 

まぁ、これは仕方のないことなのだが、Cerrito Azulのみんながみんな糸巻きできるわけではなく、まったくできない、もしくは無関心な人も当然おり、そういった人とペアを組んだ人は自ずと自分で巻かざるを得ない。

 

だが、そうでなく、糸巻きができる人とペアになった場合にも、中には自分が夢中になって巻いているという人がいる。実はそれはCerrito Azulのスタッフにも同じ現象がある。

 

これは、みんなで輪になって1つの糸巻きをしていた時にはなかったことである。

 

1人で糸巻きすると、自分と向き合う時間になる。そういった時間が好き、もしくは必要な人が、糸巻きに夢中になるようである。

 

そして糸を巻いている姿に差はなく、みんな同じである。むしろ、自分からすると、みんな巻き方にこだわりがあるようで、みんな自閉症に見えてくる。

 

しかも、誰かの横に座って、その存在を感じながらも、自分の世界で糸を巻いている時間は、部屋で1人きりで糸巻きしているのとは違って、自己の世界にいながらも、ほどよく他者とつながっているような、なんとも心地よい感覚がある。

 

やはり糸巻きは、他者や自己との距離といった、心のバランスをとるのに向いている所作のように感じた。

 

IMG_3100_s

アレッサンドロに糸巻きを伝えているが、ちょっと難しい。

 

IMG_3103_s

自分が夢中で巻いている人もいる。そして糸巻き姿に差はない。

 

IMG_3105_s

レナト、糸玉いいのできたね!写真撮ろう!で、この表情です(笑)

 

IMG_3112_s

エルネストの手元。動きはゆっくりだけど、繊細で美しい。

 

IMG_3114_s

マルセロは本当に糸巻きが好きみたいです。