“そらあみ”しながら、ブラジル人漁師と暮らす

ブラジル32日目。今日も丸1日、“そらあみ”しながら、ブラジル人漁師達と暮らした。大雨が降ったり、強烈な日差しが差したり、落ち着かないブラジルの雨期。ブラジル人漁師は言う「夏に来い。夏は最高だ。魚も多いし、美しい水着の女性も多い。がっはっは!!!(大笑い)」。今は冬(半袖短パンで過ごしているが、、、 (続きを読む

“暮らし”という現場

ブラジル31日目。今日は丸1日、飯を食って、酒を飲んで、網を編んでいた。   朝。朝と言ってもけっこう早くて、7時〜8時にエジウソンとジュリオとケウの3人が、それぞれ別のタイミングで訪ねて来て、夜まで一緒に過ごした。   ご飯を作り、そして食べた。 酒を注ぎ、そして飲んだ。 糸を (続きを読む

漁師というか、この星に生きるということを学んでいる

ブラジル26日目。昨日とはうって変わって快晴。トビラを開けると「YASUさん!」と大きな声で話しかけてくるフェルナンドといつもの朝の挨拶を交わす。そしてフェルナンド特製のミックスジュース(野菜やフルーツや穀物など)の朝食を2人でいただく。   フェルナンドが連れて行きたい場所があると言うの (続きを読む

ブラジルは予定通りにはいかない

ブラジル3日目。今日は、本当はレシフェから南へ1時間ほど移動した先にある漁師町「ガイブ」というという所に行って、町のロケハンをして漁師さんを紹介してもらう予定だったのだが、仲介してくれるというアンダーソンさん(まだお会いしたことがないのでどこの国の人か分かりません)の都合が悪くなったということで週末 (続きを読む

ブラジルに「そらあみ」しにいってきます

出発時間ギリギリまで仕事をして、昼12時に家を飛び出した。目的地はブラジル。日本から見るとちょうど地球の裏側になる。   今日6月1日から約1ヶ月間、サッカーワールドカップが行われるブラジルのレシフェに滞在し、アートプロジェクト「そらあみ」に挑む。   「そらあみ」は参加者と共に (続きを読む

くすのかきあげ

太宰府滞在36日目。くすかき22日目。晴のち曇り。くすかき最終日。今年で5年目だが、2年目に少し雨がパラついたのみで、それ以外は全て良い天気に恵まれている。天の神様である天神様に感謝である。   今日は、くすかき最大行事「くすのかきあげ」が行われた。そして、夜には関係者が集って直会。入れ代 (続きを読む

365日の22日の1日に向けて

太宰府滞在34日目。くすかき20日目。晴。くすかきも残すところ、今日を含めてあと3日。ここ数日、落葉に動きはなかったが、今日の日中気温が25℃近くまで上がったせいで夕方にはそれなりに落ちていた。ぱっと見た感じでは全ての葉が入れ代わったように見えるのだが、まだ、よく見るとこれから落ちる葉が隠れている。 (続きを読む

案内所にて芳樟袋と手ぬぐいの販売開始

太宰府滞在26日目。くすかき12日目。晴ときどき曇り。朝の冷え込みが弱くなった。   6時半からの早朝くすかき。葉っぱは再びコンスタントに落ちはじめたようだ。8時半の朝のくすかきに行くと早朝くすかきで掻いた場所にもう葉っぱが落ちてきている。日中は気温が上がるので夕方はさらに多くの落ち葉が落 (続きを読む

いつしか恒例行事となった「くすかき日程表」づくり

太宰府滞在5日目。くすかき10日前。今日も昨日に引き続き大雨が降ったり止んだりと、落ち着かない天気だった。   しかしながら、今年の太宰府は暖かい印象だ。太宰府は冬の間、福岡に比べて2〜3℃気温が低い。しかも滞在先のレジデンスである山かげ亭は川の横にある木造の建物なので朝夕はぐんと冷える記 (続きを読む

お肉屋さんにくすかきチラシが張り出されていた

太宰府滞在4日目。くすかき11日前。今日は雨が降ったり止んだりを繰り返す天気で、一日室内での事務作業を行った。   お昼に、以前からの知り合いで天草の陶芸家「市山くじらや」の市山氏が毎年この時期に行われている福岡マリンメッセでの展示会の帰りに太宰府に寄ってくれ、久々に再会。博多の友人に「市 (続きを読む