Cerrito Azulのみんなに美術館にきてもらう/Centro Cultural de Bellas Artes展示設営6日目 

Centro Cultural de Bellas Artes展示設営6日目。今日はCerrito Azulのみんなに美術館に来てもらい、糸紡ぎと糸巻きのアクティビティを行った。設営中という展覧会の会期前に来てもらったのは、場所に慣れてもらいたかったからである。   自閉症の人は新しい場所 (続きを読む

プシュカに糸を巻きながら考えたこと/Centro Cultural de Bellas Artes展示設営5日目

Centro Cultural de Bellas Artes展示設営5日目。今日からプシュカの仮設置がはじまった。   設営現場の通訳兼アシスタントとして入ってもらっているアンデス染織専門家の有紀さんから興味深い話を聞いた。   アンデス染織と一言でいっても、その時代には幅があ (続きを読む

ペルーの美術館で糸巻きしてみる/Centro Cultural de Bellas Artes展示設営2日目

Centro Cultural de Bellas Artes展示設営2日目。今日から本格的に展示設営がはじまった。美術館の設営担当のセサルがアシスタントとして動いてくれ、他にも、ペルー国立高等美術学校/BELLAS ARTESの学生たち6名ほども手伝いに来てくれた。中には糸に触れるのは初めてという (続きを読む

素材梱包

今日は展示に使用する素材を美術館に運ぶための梱包を行った。主に梱包作業をしたものは糸玉。TURNを通じて2015年から交流を続けている東京の町田にあるクラフト工房La Manoに藍染めしてもらった糸を、ペルーのリマにあるCerrito Azulのみんなに糸玉にしてもらった。その数、約500個。 &n (続きを読む

コチニールの赤/Cerrito Azul交流17日目

Cerrito Azul交流17日目。Cerrito Azulで「小さい糸巻き」を行い、その後、アンデス染織専門家の有紀さんのアトリエに移動し、コチニールで糸を赤く染色した。   1519年、新大陸の地に降り立ったスペインの征服者たちは、市場を埋め尽くす鮮やかな赤に目を奪われた。光り輝く色 (続きを読む

糸巻きが必要な人/Cerrito Azul交流16日目

Cerrito Azul交流16日目。「小さい糸巻き」を行った。   今日はどこかの大学の学生たちが実習に訪れた。人数も10名以上おり、せっかくの機会なので、Cerrito Azulの人と2人1組のペアになってもらい、サポートする形で糸巻きのアクティビティに参加してもらった。   (続きを読む

親子で糸巻き/Cerrito Azul交流15日目

Cerrito Azul交流15日目。今日は「小さい糸巻き」を行った。   今日は、レナトのお父さんがアクティビティに参加しにきてくれた。施設利用者の親が参加してくれたのは初めてだった。親にも参加してほしいという声がけに反応してくれたのだろう。忙しい中、時間を作ってくれたのだと思うと非常に (続きを読む