ニュージーランドの風

カイコウラ4日目。今日は昨日染色した糸が乾くのを待ちつつ、打合せとパソコン作業を行なった。夕方に天気が急変し、空に雲がかかり辺りが薄暗くなり、冷たい強い風が吹いてきたと思ったら、今度は雨が降ってきた。   異変に気付いたのが早かったのもあり、急いで干していた糸を取り込むことができ、事なきを (続きを読む

瀬戸内国際芸術祭2016開幕!そらあみ〈島巡り〉は地球の息吹を捉える。

沙弥島滞在36日目。瀬戸内国際芸術祭2016が開幕した。   >>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>> 【そらあみ〈島巡り〉】 《春会期(3月20日〜4月17日):沙弥島》 瀬戸大橋でつながる沙弥島、瀬居島、与島、岩黒島、櫃石島の5つの島で (続きを読む

樟の葉がころころと転がっていく

太宰府滞在14日目。くすかき1日前。雨の音で目覚めたが、8時には陽が差しており、なんだか変な感じがしたが朝拝へ行き、そのまま樟の葉を掻いた。   すると突然、ざわざわざわと樟の木々が揺れる音がして、次の瞬間突風が吹き抜けていった。集めた樟の葉がころころと転がっていくがどうすることもできず、 (続きを読む

やひろくん

くすかき5日目。今日は1日冷たい風が吹いて、かなり寒い日だったが、朝のくすかきには3人、夕方のくすかきには15人の人が来てくれた。   寒い日は新芽も動かないので落葉も少ない。地面に落ちた葉が風に煽られて動いていた。その様子を見ていた“やひろくん”が自分のそばまで来て、笑顔で一言。 &nb (続きを読む

漁師と芸術家は似ている

沙弥島滞在47日目。昨日に引き続き、朝8時、作品設置場所である沙弥島海水浴場(西の浜)へ。昨日とほぼ同じ沙弥島の漁師の皆さんと、今日も一日、吊り上げた時のロープのたわみや、網の裾の処理などの調整作業を行った。   実は昨夜、急に風が強くなり、網を見に行ったら、既に下ろしてあった。今朝話を聞 (続きを読む

春一番に便りを乗せて

沙弥島滞在34日目。春一番が全国的に吹いた。沙弥島は日中ずっと雨だったが、夜になると雨は止み、温かな風が一晩中吹き続けた。   風が気になるので調べてみた。春一番とは、春の訪れを告げる南よりの強風のことで、日本海で発生した低気圧に向かって、立春後最初に吹いた南よりの強風を、そう読んでいると (続きを読む

煙突の煙りの向き

沙弥島滞在33日目。今日は1日、レジデンスである沙弥島の海の家にて事務作業を行った。   最近、煙突の煙りの向きが気になる。なので煙突の煙りばかりを見ている。滞在先である、ここ沙弥島のすぐ横には番の州工業地帯という巨大な工業地帯がある。1978年、今から35年ほど前に沙弥島と瀬居島をつない (続きを読む

瀬戸内仕様の胃袋

沙弥島滞在3日目。今日は、昨日の夕方に現地入りしたプロジェクトスタッフの塩野谷くんと飯高さんと3人で、そらあみで使用する編み紐の染色作業を行った。前回の「そらあみ-浅草神社-」でも2人は一緒だったので段取りはバッチリ。チームワーク良く作業は進んだ。   鍋に湯を沸かし、染料を入れ、その中で (続きを読む

台風時のみ出会う風景

今朝5時の三宅島到着の船で、サポートスタッフの塩野谷くんがやってきた。前日の三宅島入りを予定していたが、台風の影響で欠航し、一晩待機し、今朝となった。そして、今夜出発し明日到着予定の船は、次なる台風の接近で欠航が決まっている。塩野谷くんは台風と台風の間に唯一出港した船に乗り、ピンポイントで島に到着し (続きを読む

噴火前と噴火後

今日は朝から雨。ここのところ三宅島は雨が多く、風も強い。やはり太平洋に浮かぶ島である。内地(日本列島)に比べて、太平洋からやって来る低気圧や前線の影響を強く受けるのだろう。中桟橋に行くと、使用場所を示す三角コーンが風でだいぶ動かされていた。かなりの強風である。聞く所によると風速40mくらいは、島の (続きを読む